岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21-13「ピノコ、日本へ帰れ!」の感想。
うーうーうー。良かった。良かったんだけど、…ど、…ど。駄目―って感じのこともありました。なので。今回はちこっと辛口です(^^ゞ
良かったのは双子の話とおくたん未満の科白。
駄目―っというのは、天下の悪徳外科医BJさんの行動と科白です。
凄く好みのストーリーだったんだけどなー。普通だったら、すごーく感動したと思うんだけどなー。ココロの片方では感動したんだけどなー。だから、「良かったです!」って言いたいのに。だけど、良かったと言おうとすると、でも……という言葉が出てきてしまう。本当に複雑な気持ちです。

双子の話は脚本家さんブラボーでしたvv
誰もが誰かを思いやって少しずつ嘘をついていて、それが誰かを傷つけていたんですね。とても優しい嘘だと思います。
そして。離れ離れになっている間も、兄はああやって林檎を二つに割って食べていたのでしょうか。あげる人がいない林檎のもう一片を、残すことが幾度あったのかと想像すると、とても切ないです。
だから、一緒に暮らせるようになったラストは「良かったねー」と思えました。

それから。ピノコの数々の科白vvさすが、おくたんvv
もうもうもうvvしっかり者のおくたんですよねvv駄目駄目亭主を叱り付けるようなvv
あんな風にセンセーに言える人は少ない。そして、センセーにあんなにたくさんの影響力を持っている人はピノコ以外にいない。だからこそ、たくさんの力を以ってピノコの言葉はセンセーに伝わったんですよねvv
同じ言葉を言ってもピノコ以外の人が言えば、半減していた言葉に違いありませんから。

自分の体をドナーとして使ってくれというピノコの「センセーが患者さんを死なせて苦しむ姿を見たくない」という科白は圧巻でした。誰のためでもない、ピノコ自身のためなんですよね。ピノコがセンセーの苦しむ姿を見たくない、と。

そして。ピノコの体を心配して躊躇うセンセーに「またセンセーが治してくれ」と言う……。ここにピノコのセンセーへの絶対的な信頼が見えました。
嗚呼、やっぱりセンセーとピノコのコンビってエエなぁと思えましたvv

んが……。その一方で、ピノコがその科白を言う原因がセンセーの弱気である……というのが、わたくしには受け入れられないところでした。
わたくしの中ではセンセーは2.5枚目です(笑)限りなく2枚目に近いんですけど、原作では小さな男の子に一服盛られてピノコに辛子で助けてもらったり、アニメでも怪獣にやっつけられる役割をやったりと、3枚目な部分も多分にありますよね。
こーゆーところが、センセーの魅力だとも思っています。凄く頼りになる人なのに、何処か抜けてる(笑)
そして、人を許すことが出来ないなど、人間的に弱い部分も持っている。そして、そんな部分をピノコが支えている……。
だから。センセーがヘタレさんでもノープロブレム♪むしろ、可愛いよーvvセンセーvvってくらいヘタレ上等!なのですが………。

でも、「一度引き受けた仕事(命)を諦めるセンセー」はわたくしの中に存在していないのです。
人間的には弱いところもあるけれど、でも、引き受けた命に対しては誠実である―――諦めることは命を預けてくれた人に対して不誠実ですから。だって患者もしくは依頼者は(この場合はピノコですよね)信じてくれているのですから―――それがわたくしの中のセンセーなのです。
だから。ここは、譲れないトコロなのです。

ストーリーのバランスとして、難しいことは判っています。誰にだって譲れないトコロがある……。
その譲れないことは人によって様々で……ピノコの数々の「18歳らしくない科白」が駄目という方もいるでしょう、アニメのセンセーがエエ人過ぎるというのがBJという妙味を薄くしていると感じる人もいると思います。
わたくしは、別にそれらは気になりません。

今回のピノコの科白「日本に帰りたい」を許せない方もいらっしゃるんじゃないかなーと思いつつ、わたくしは結構呑気に解釈しています。
ピノコは「日本に帰りたい」っていうことは幾度も言っているけれど、それは「一人ででも」帰りたいとは言っていない。つまり、ピノコにとってはセンセーと一緒に帰ることが条件なんだよね、って感じです(笑)だから、センセーと一緒にいたいのよさって言葉とは矛盾してないよねって(^^ゞ(ご都合主義・笑)
でも、このストーリーを見るまでは、自分でも気づかなかったんですが、わたくしは、センセーのこーゆートコロに拘りを持っていたようです(^^ゞ

こういった駄目駄目なクロオさんをピノコが支えている……これもアニメBJの魅力なのかもしれませんけど。
わたくしの中では、人間的に弱い部分はピノコがセンセーを支えてるって構図はアリなのですが、こと命に関してはセンセーは絶対的な人でなくてもいい、失敗するようなこともある、でも、ピノコが口を出すまでもない、諦めない人でなければならないようです。

ところで。日本に帰れと言った翌日の朝食風景にうわーvvと思ったのはわたくしだけでしょうか(^^ゞ
うわーうわーうわーvv夫婦喧嘩の翌朝だよvvって感じでvv
ラストのきちゅよりも「うわー」でしたvv(ラストのきちゅは「え?」って感じだったのです)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://a1974xxx.blog24.fc2.com/tb.php/56-d7515b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

21-13:「ピノコ、日本へ帰れ!」

今日、アニメを観た私の心の変化 ナカセルナアつД`)・゚・。・゚゚・*:.。      ↓ ビミョー( ゚_゚ )          ↓エエ━━━((゚゚дд゚゚ ))━━━!!!! 間夫妻応援日記【2006/08/21 23:42】

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。