岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21-3「悲しみのピノコ」の感想。
オリジナルな要素を盛りこんで「続く」ってワクワク感があってエエですねvvこーゆーのエエ感じだなぁ。
原作風1回1エピソードでは味わえなかった気持ちですよねvv
さて。今回の原作は「ピノコ再び」だったみたいですけど、上手にオリジナルに盛りこまれて原作のこのエピソードの位置付けとは異なっていたので、全く別のモノに見えました。

BJの存在が消失後、ピノコは養女として他家に引き取られる事になります。大病院の院長である父親、優しそうな母親でしたが、ピノコはその生活に馴染む事が出来ません。
一方、死亡したと思われていたBJは、己の生存を己の近しい人々には秘密にしてもらって生きていました。その姿をピノコは目撃し、探し始めます。探し当てたBJは自らを手術しているところでしたが、己に付きまとう危険を諭しピノコを遠ざけようとします。これにピノコは猛反撃。結局、BJが折れる事になるのでした。

じーん、とするシーンもあったのですけど、同時に「うわわ///(照)」な感じもして、忙しい回でした(^^ゞ
感想を一言で言うと「ピノコの健気さにじーんとした」、コレに尽きます。
弱っちいなぁ、センセー(泣笑)、ピノコの健気さに負けちゃったんだ(笑)、と。
ピノコ、良かったね、またセンセーと一緒に居られるよ、と。
ああ、ピノコってこんなに強いんだ、と。
そんな感じでしょうか。

わたくしは、いつもセンセーに置いていかれるピノコを「寂しい」と同時に「不安」だろうなと思っていました。
ピノコだってセンセーが誉められることばかりをしてるわけじゃないことは知っているはず。時に危険なことがあることも知っているはず。
何週間もセンセーが帰らなければ「もしかして」と、万が一のことが頭をよぎる事もあるはず。それが、今回は現実のものとなったわけですよね。(実際は違いましたけど、ピノコの上に降ってきた出来事は「BJ死亡」ですから)

それと引換えにピノコは肉親を得た。血の繋がった両親ではないけれど、ピノコを大切にしてくれていたのは、ウソではない。理想的なご両親だと思えました。
でも、ピノコはその生活に馴染めない。「犬を飼えば良かったのに(そうすれば自分は養女に貰われないで済んだのに)」と、考えてしまう。
もちろん、ピノコの特殊な出生のことを新しい両親がどれだけ理解し、ピノコという存在を判ってくれていたか、その辺は疑問がありますが、ピノコが新しい生活に馴染めないのは一重にBJの存在のため……ですよね。

その一方で、わたくしはずっとピノコはとても肉親とかそういったものに憧憬を抱いて居るように思えていました。
写楽の父親を訪ねた際、「いいなぁ、親子って」と呟いたり、「ピノコ誕生」で実の姉を糾弾する姿に、それを求めるココロの裏返しだと思ったりしたものです。

それなのに、理想的な肉親を与えてもらっても、それを振り切っちゃうほど、ピノコはセンセーがいいんですよね。

BJの傍に居たい、そう必死で訴えるピノコの科白の数々は、どれも凄いチカラをもった言葉だと思いましたけど、わたくしが一番胸に迫ったのは「それだけは、いくらセンセーのお願いでもきけない」という言葉。
健気でとても真摯で……。
この言葉は、とてもエゴな言葉だと思うのですけど、でも、その真摯さ健気さ故に素敵な言葉に聞こえました。
こんなに真正面から何の飾りもない言葉で訴えられたらセンセーだって折れるしかないですよね。その真摯さ故に、時にピノコはBJよりも強い、そう思えました。
強いと言えば、今回、そうそう、ピノコってそうなんだよ(握拳)と激しく同意したのが、BJを狙う組織の人間が狙撃されたときも、刑事が現れたときも、小さな腕を精一杯広げてセンセーを庇っていた姿。
コレがピノコなんだよ―――っと、やはり小さな彼女の大きな強さを見せていただきましたvv
印象的だったのは、数々のピノコの猛反撃に―――BJに対して、刑事に対して―――最後の「ピノコだって無免許ナースなんだから」という言葉に、センセーが「負けた……」という表情をしたこと。とても慈愛あふれる表情に感じました。

ラストの飛行機搭乗シーン。いつも通りの「ピノコはセンセーのおくさん」の科白。この科白が行く先はアテがないけど、「いつも」の二人に戻った象徴ですよね。二人でいれば、まぁ、この二人にとっては何処でも「日常」になるのかもしれません(笑)

そして。余談になってしまいますが「アイ アム ユア おくたん」と主張するピノコに肯定も否定もしないセンセーにピノコに対する限りない優しさを感じます。(うーんと、すごーく語りたいですけど、―――どうも、語りたいっ、と、ちこっと興奮しているらしいです―――状況的にそれが出来そうにないので、――歯が痛いのです。正確に言うと治療中の歯の周辺が化膿してるんです―――取りあえずまたの機会に♪)

あ。でも、これだけは!
何と申しますか、今回、センセー肌色が多くなかったですか?うわー///ドキドキって思ったのわたくしだけでしょうか?(←オマエだけや・蹴)
だって、だって、肌の露出度の高いセンセー(しかも、on the ベット!)相手に、ピノコが縋る如くの科白!うきゃー///ちこっと見ちゃいけないものを覗き見してる気分でした!!(←大蹴☆)
それから、予告であの二人、手を繋いで歩いてましたよーー(大笑)
それから。ナゾな組織の方もピノコを張ってるなんて、やっぱり傍目に見てもセンセーがピノコを特別視してるのは判るんだねーっ
・・・・・などなど。
これだけと、言いつつ…(笑)いえ、今度こそ、脱兎!
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://a1974xxx.blog24.fc2.com/tb.php/42-b1400491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラックジャック21「悲しみのピノコ」

ほえー( ; ゚Д゚)やっと観れました(ノ´∀`*)先週からの疑問:なんで黒男さんは命狙われているんですか??やっぱり蓮花をおかんの顔にしたからですか???元から殺すつもりだ クロオレビュー【2006/05/01 11:13】

21ー3「悲しみのピノコ」

本編開始から5分で号泣しました、MEGです。(笑)ちぇんちぇい、生きてるって分かっててもダメですねぇ~(/Д`;)原題は「ピノコ再び」です。うわ~~ん(滝涙)(TДT;)orz……そして密かに萌えたシーンを模写(爆)髪具合がナカナカよろし…(げしっ/ぐは)…気を BLACK-MEGLOG【2006/05/01 12:46】

BJ21-3 悲しみのピノコ

ビィノォゴォ~~ッ(号泣)※ピノコやっぱね、再会のシーンは感動もんでしたよ。またピノコのセリフが泣ける…ッ!今回は「ピノコ再び」をもとにした話(ピノコが養女に出される&BJ自身の手術)でした。オリジナル要素が加わってるので原作とは多少違うか... クロイヒト。【2006/05/01 20:33】

21-3:「悲しみのピノコ」

今回の目玉は、なんと言っても絶対に死ぬはずがない主役のブラック・ジャックが爆発からいかに生還するかこれにつきるでしょう。アニメで来週が楽しみで仕方ない思いをした 間夫妻応援日記【2006/05/16 01:36】

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。