岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Karte:59 ブラッククィーン」 の感想。
笑ってしまいました。「オンナBJって『汚名』だ」という科白に。
そういえばBJという世界の中では、BJって言葉は負のイメージなんですよね。
現実ではBJって最高の外科医を例える言葉になっていますよね。なので。覚えず「あ。そーか。悪い言葉なんだよね」とBJ世界でのお約束を思い出しました(^^ゞそうそう、アレはモグリ医者。そうそうアレはガメツイ奴。(←ただいま、BJ的常識を復習中)

今回はBJの医者としての責任感とか倫理観が垣間見える話でした。(悪い奴って言ったあとに責任感や倫理観って笑っちゃいますけど)

物語は冷たいように見える女性の外科医を中心に進みます。彼女はよく言えば合理主義なのでしょうか、手足の切断に際しても「遅くても早くても結果が同じなら、決断は早いほうがいい」と言い切れる人物でした。
病院のスタッフも、そんな彼女をオンナBJ「ブラッククイーン」と評していましたが、ある日、彼女の恋人が救急患者として運ばれてきます。足の切断を躊躇する彼女に、居合わせたBJは「どんなときでも、切るべきときは切る、それが医者の冷静な判断」と諭しますが彼女にはそれが出来ませんでした。
結局、手術はBJが代行。彼女の恋人はBJによって切断を免れたというストーリーでした。

この女医さんは、以前に出てきた山村の無免許医(古和先生?)と反対のタイプですよね。腕はあるけど、人の心が解せない医者。物語の冒頭の彼女はそんな風に見えました。

きっと、医者としての心構えも、まだまだ甘い!とBJなら言うでしょうか。
と、いうのも恋人であるからと言って心を乱しているようでは、人間的ではあるけれど、医者としての行動からいうと未熟、ですよね。
BJの「恋人であろうが、なかろうが、医者としての判断は同じこと」という言葉にそれを感じました。
そして。これが医者としてのBJの責任感や倫理観なんだろうな、と。

少々、前後しますけど、患者に対して、この女医さんは人間としての共感を持つことが出来なかったわけですよね。それが、彼女の本来の性質なのか---恋人の言葉を聞いていると本質とは思えませんが-----ともかく、医者として必要なことが欠如していた……。
その本来、人間として持つべきはずの「他者への共感」を恋人が患者になったことで思い出すことが出来たということですよね。
この点では医師としては判断に未熟さがあったのかもしれませんが、医師として大切なものも取り戻すことが出来た……そういうことですよね。
今後は、彼女は、技術だけの医者ではなく、患者やその周囲の心に配慮できる医者になっていくかもしれませんね♪
もしかしたら、医者とはかくあるべし!という姿を問いかけた話だったのかもしれません。
大きな意味で捉えると、どんな種類であれ「仕事」にたいする命題もあるような気がします。

その一方で、これは、アニメになって感じたことなのですが。多分、恋人といるときの女医さんがとても可愛らしかったからだと思うのですが。コレ、仕事をしてるオンナから見ると、イタイ話ですね(^^ゞ
なので。この女医さんがとてもいじらしい方に思えました。
オンナが仕事するってホントに大変だと思います。(もちろん、男性も別の意味で大変であることは知っていますので、ご容赦を)それが、男性社会の中であれば尚の事。
医者という職業はおそらく、まだまだ女性が少ない職業だと思います。その中で、やっていくとなると、どうしても、無理しなきゃいけないところってありますよね。
負けないように、と言う気負いもあるかもしれない。ココロを殺してしなきゃいけないこともあるかもしれない。でも、それが強くなると周囲から敬遠される部分も出てくる……。
この女医さんは病院では誰にも判ってもらえてないですよね。でも、医者として(未熟な点も多いけど)頑張ってる。それが、凄く、いじらしい。
恋人も彼女はそんな冷徹な人間じゃないと判っているからこそ、ブラッククイーンなんて言われてるのを聞いて憤慨してくれた……でも、「辞めてくれ」は、彼女には辛かったろうなぁ……です。

それから。見終わった後、いろいろ採りとめもなく考えましたけど、あとは……。
人間的に技術的に上質でなければ、本当の意味で人に手を差し伸べることは難しいのだ、ということも考えました。
アニメなので、それが可能なんだよって言われると仕方ないのですけど(笑)、やはり、BJが女医さんに物理的に、手を差し伸べることが出来たのは、切断しないですむ、という技術を持っているから。精神的に手を差し伸べることが出来たのも、彼が医師としての確固たる意思と人間としてのココロの強さを持っているから、ですよね。
うん。やはり、悪徳医師だけど、センセーはカッコエエです(^^ゞ

そして。そんなセンセーの魅力を、もっともっと引き出してくれるのがピノコということでvv
そういう意味では、今回のピノコも最高のお仕事をしてくれましたvv
「あやしいのよさ」ぎく。
「どうしてお前はそんなことまで判るんだい」長年連れ添ったご夫婦未満ですから!
「窓から出た人は窓から入りなちゃい」あーあな表情(^^ゞ
センセー、可愛いすぎますです(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://a1974xxx.blog24.fc2.com/tb.php/33-2fbf17eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カルテ59:ブラッククィーン

て、転落死…………orz ダメだ…NGの衝撃で全てが吹き飛んだ…(死) けど絵はちゃんと載せるのな………(爆)あぁ…ダメだ…本文はまた後…で…orz(MEG死亡ーーーピーーーー…)ーーー2時間後ーーーOVAを観て立ち直りました(笑)(ちなみに「しずむ女」)Wちなみに… BLACK-MEGLOG【2006/02/21 20:36】

Karte59:「ブラッククィーン」

うあ゛ぁあ ・゜・(´Д⊂ヽ・゜・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁBJが…BJがぁ……死んじゃったあああぁああぁぁあっっっ…………正確に言うとBJ役を演じて下さってた男優さんですね。 間夫妻応援日記【2006/02/21 21:14】

Karte:59 ブラッククィーン

今回の話見た後、まだ見てなかった「偽りのウエディング」を見ました。作画安定してるな…(杉野BJに見惚れつつ)さらにその後銀座ホステスの密着取材に見入っててすっかり感想が遅くなりました(何やってんの)このみさんみたいな髪型してる人がいましたよ!... クロイヒト。【2006/02/21 22:19】

karte59:ブラッククイーン

ストーリー隣町のカイセイ病院にお勤めの桑田このみはやり手の外科医。決断力の早いこのみは手足の切断も平気で行うため「冷酷な外科医=ブラッククイーン」というあだ名をつけら クロオレビュー【2006/02/22 08:24】

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。