岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Karte:46 文化祭の用心棒」 の感想。
今回は、「人間の苦悩と再生」の物語……かな?『「若い日」の苦悩と再生』と言い換えてもエエかもしれないですね。
ラストは原作とは違いましたけど、例によってチョロイわたくしは、「良かったねー」と思いつつ見終わっていました(笑)

ところで。このBJの感想は、あまり細かいトコロに拘らず、ツッコミどころがあっても、そこはスルー。
単純に素直な自分の気持ちを追って書いていこうと思っているのですが……、今回は、少々、どーしても、書きたいことを1つだけ!先に書かせていただこうと思います(^^ゞ

ジョーズがね!どーしても、「あしたのジョー」のジョーと被ってしまうんです(笑)
わたくしは「あしたのジョー」は世代的にはズレてて、ちゃんと見たことがないのですけど、でも、あまりにも有名ですから知っています。
その知っているジョーにね、凄く、似てる!原作読んだときも思ったのですけど、今回特に思ってしまいました。
「あしたのジョー」のFANの方には「似てるもんか」って叱責をいただくかもしれませんが、似てるって思って放送をみた方、多分、多いんじゃないのかなぁ?
何たってお気障だし!(爆笑)倒れたシーンなんか見ながら気分は「たて!立つんだ、ジョー!」の気分でした(^^ゞいえ、失礼。ぺこり。

さて、今回はそのジョーズが物語の中心。
彼は所謂、手のつけられない不良で、冒頭から他校の文化祭を荒らしている姿が印象的です。
ところが、健康そのもののような彼は心臓の病気を抱えていました。裕福そうな両親は金に糸目をつけず、彼の回復を嘆願。かくて、BJは彼の手術を行います。
ところが、手術後、BJは彼に病気に関する宣告を突きつけます。「以後、激しい運動や、興奮する状態が続けば命の保証はしない」ということです。ジョーズにとってみれば今までやってきたこと、全てを禁止される言葉ですよね。

ここから彼の苦悩が始まります。思うように動かせない体、そのために溜まるフラストレーション、今まで通りではない彼を見捨てていく仲間たち。
単純に見れば、術後の彼の生活は心臓に爆弾を抱えてることを除けば「普通」の生活に近くなっていますよね。
普通はそんなに喧嘩はしない。普通は悪い仲間と縁が切れて喜ばしい。
けれど、それが彼には受け入れられない。それが、彼の望んだ在り方ではないから。現実は彼に「別の生き方」「別の考え方」を要求してきます。極論すれば、「生きるとは?」という大命題に繋がっていくのかもしれません。

苦しんだ挙句、ジョーズは「別の生き方」を選択する第一歩を踏み出します。自校の文化祭を守るというのがそれでした。
過去のジョーズを知る生徒たちは、最初、いぶかしむような視線を投げますが、最終的には「新しい生き方」をはじめたジョーズを受け入てくれます。その矢先、ジョーズは他校の不良たちと喧嘩。そして倒れます。

これはね、ジョーズ、すごくカッコ良かったです。BJに病気の宣告をされて以来、喧嘩らしい喧嘩はやめていたのに、今の自分には喧嘩することがどういうことか判っているのに、喧嘩せずにはいられなかったんですね、きっと。
新しい自分を認めてくれた人達の大切な場をどうしても守りたかったんだと思うのです。
場面はBJの手術に切り替わります。この時点で、わたくし「ジョーズ、死んじゃうのかな」って凄くはらはらしていました(^^ゞ
なので。原作とは違い、ジョーズが生きていることを示唆されたときには、ほっとしました(笑)
何処で、どんな生き方をしていくのでしょうか。置手紙一つで去っていくっていうところが、何処となく、あしたのジョーに(笑)BJに似た生き方かも…と少々、かなり、妄想…いえ、余韻を残させてくれる終わり方でした。

ところで。今回は、BJとピノコのほのぼのシーンが少なくて寂しかったのですけど。BJや和登さんや、久美子ちゃんやジョーズ、それぞれがそれぞれらしくて素敵でしたvv
和登さんとジョーズの関係を追っていくと和登さんが強いんだけど凄く可愛い女の子に見えましたし、ジョーズもカッコエエ♪
それから。センセーがvvセンセーが―――っvv
これぞ、BJみたいな科白連発でvv
訪ねて来たジョーズを「やるならやってみろ」みたいな感じで殆ど脅してるようなシーン、そうそう、こーゆーこと言えちゃうのがBJなんだよーっ(握拳)と見てしまいましたvv

それにしても。レトロな匂いのする作品でした。
テーマ自体は、これも不変のテーマだと思うので、いつの時代にも通用するものだと思うのですが。
素朴な疑問として。現役高校生に「ジョーズは不良」という定義や概念は通用するのか、アンケートをとってみたいです(笑)
「不良」って言葉も打ちながら照れてしまいましたけど(^^ゞ
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://a1974xxx.blog24.fc2.com/tb.php/11-e1cf8fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

karte46:文化祭の用心棒

ストーリー文化祭荒らしのジョーズは毎年いろんな学校で行われる文化祭に現れてはめちゃくちゃにして帰って行く不良。和登の通う大穴高校でももうすぐ文化祭を迎えることになったがジョーズの存在にみんな怯えていた。そんなある日、和登は同じ クロオレビュー【2005/10/27 17:17】

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。