岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めそめそ。
琵琶丸さんの感想は木曜日か金曜日になりそうです……。
まだ録画見てないのです……。

スポンサーサイト
「Karte:50 引き裂かれた兄弟」 の感想。
久しぶりに、ほのぼの路線のエピソードでしたね♪
視聴後、「水戸黄門」を見た気分でした(^^ゞ別に悪代官とかはいないんですけど、時代劇独特の頑固な親父が出てきて、息子と仲違いをしていて、ご隠居様が仲直りをさせてあげるというパターンに似ているな、と(笑)だって、センセー、「話は聞かせていただきました」って言ってたし!

……と、言うことで感想と言う感想が出てこない(マテ)なんだろう?「良かったねー」と一言で終了しそうです。いえ、その萌え路線では、いっぱいいっぱいあるんですけど!(握拳)

いつものようにストーリーを追っていくと、今回はBJに「息子のふりをして欲しい」との依頼が持ち上がるところから始まります。結局、BJはそれを引き受けるのですが、この依頼主の兄にあたる方の手術が最終目的でした。
依頼主である弟は、昔、医者になって欲しいという兄の期待に応えられず出奔。兄との関係がこじれていたのです。弟としては自分の息子になら兄は手術に賛成してくれるとの思いからの依頼でした。
依頼主の事情を聞いたBJは、その子息を留学先から呼び寄せ、一緒に手術をすることを画策します。かくて、兄は手術に応じてくれる…という形で終了していました。

[READ MORE...]
「Karte:49 人面瘡の本音」 の感想。
プロローグはサスペンス劇場のノリでした♪
夜の人気のない山中に停車するクルマ。土を掘り起こし、穴に大きなものを埋める人影。今にもサスペンス風の音楽が聞こえてきそうでした(笑)確かに、この話は人面瘡というキーワードを除けば、サスペンスでもOKかも(^^ゞ

……と、呑気なことを言っていますが、やはり不気味なエピソードですよね。何が不気味って、人面瘡自体ではなく、人のココロが。そんなふうに思います。

さて。人面瘡。センセーに言わせるとそんな病気はないそうなんですが。
一般的には、何らかの原因で体の一部分が人間の顔に見えるっていうのがソレですよね。もしくは、動物そっくりとか。ところが、今回、この人面瘡を治して欲しいとBJのところを訪れた患者は、顔自体が全く別の顔になる上に、別の顔になったときには全くの別の人格を持つというものでした。

[READ MORE...]
「Karte:48 コマドリと少年」 の感想。
今回はピノコとセンセーのツーショットが多くて、嬉しい回でしたvvでも、ピノコと探偵ごっこをするセンセーは、黒い医者BJさんとも思えないほどワクワクされてるように見えて、結構笑わせていただきました♪

んが。本編は……原作読んだときも思ったのですけど、「治って良かったねー」と思えばエエのか、「鳥さん、可哀想」と思えばエエのか複雑でした。もちろん、その複雑さこそ、作者が狙ったものなのかもしれませんが、わたくしの気持ちとしては、やはり「哀しい」物語のように思います。
それから。これはアニメになって特に感じたのですけど、何か、心の一番柔らかい年齢に読んだ児童文学や昔話と同じイメージを受けました。特にコレという特定の物語に似ているとかではなく、イメージそのものが。

[READ MORE...]
よ・良かった・・・なのかな?
最近のわたくしにはささやかな、でも重大な悩みがありました。
その悩みとは!ブラックジャックの映画をどうやって見に行くかということ!
あわわ。いえ、待ってください、お嬢さん!わたくしにとっては大きな問題なんでございます―――っ(汗)

そもそも、わたくしのこの悩みは最初は「誰と観に行くか」ということが焦点でした。だって、わたくしの周囲はヲタクなツレは誰もおらず、普通の方ばかりだったので「アニメ観に行こう」なーんて誰を誘えばエエのだろうと、ずーっと考えていたのです。

BJの漫画を読んでいるところまではエエよ、でも、映画館で高い金払ってアニメ見るなんて、すんげースキって感じだよな、どうしよう、と(^^ゞ。そもそも、興味のないだろうアニメ映画につき合わすのも申し訳ない。
一人で観に行くってテもあるけれど……それってちこっと恥ずかしい(>_<)
でもでもでも、大画面で観たいし。だって、十数年ぶりの恋だし。うきゃvv(殴・蹴)嗚呼、どうしよう?くるくるくる~、と言う毎日だったのでした。


[READ MORE...]
「Karte:47 雪原のヴァイオリン」 の感想。
気分的にジェットコースターみたいな回でした(苦笑)
それと言うのも、原作を読んでいますので、とても遣り切れない話だと知っていたのに、センセーとピノコの密着度はとっても高くって、テンション高く見ればエエのか、切ない気分で見ればエエのか、終始困ってしまいました(^^ゞ
実は今もどちらに主眼をおいて感想を書けばエエのか悩んでいます。
でも、まぁ、このブログはBJを見た(読んだ)気持ちを素直な部分で残しておこうと思って始めたものなので、取りあえずは、萌えよりは(笑)、大枠の感想を先行して書きとめておきたいと思います。

それにしても。原作を読んだときも思ったのですけど、遣り切れない気持ちが残るお話ですよね。そして。切ない。

[READ MORE...]

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。