岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Karte:46 文化祭の用心棒」 の感想。
今回は、「人間の苦悩と再生」の物語……かな?『「若い日」の苦悩と再生』と言い換えてもエエかもしれないですね。
ラストは原作とは違いましたけど、例によってチョロイわたくしは、「良かったねー」と思いつつ見終わっていました(笑)

ところで。このBJの感想は、あまり細かいトコロに拘らず、ツッコミどころがあっても、そこはスルー。
単純に素直な自分の気持ちを追って書いていこうと思っているのですが……、今回は、少々、どーしても、書きたいことを1つだけ!先に書かせていただこうと思います(^^ゞ

ジョーズがね!どーしても、「あしたのジョー」のジョーと被ってしまうんです(笑)
わたくしは「あしたのジョー」は世代的にはズレてて、ちゃんと見たことがないのですけど、でも、あまりにも有名ですから知っています。
その知っているジョーにね、凄く、似てる!原作読んだときも思ったのですけど、今回特に思ってしまいました。
「あしたのジョー」のFANの方には「似てるもんか」って叱責をいただくかもしれませんが、似てるって思って放送をみた方、多分、多いんじゃないのかなぁ?
何たってお気障だし!(爆笑)倒れたシーンなんか見ながら気分は「たて!立つんだ、ジョー!」の気分でした(^^ゞいえ、失礼。ぺこり。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
ありゃま。
事故にあいました。交通事故。
わたくしの通勤途中にはある宅急便屋さんの営業所があるのですが。
そこから出て来た宅急便屋さんのトラックが
MYクルマに元気よくぶつかってくださいました(爆笑)

MYクルマは重症(>_<)
わたくしはクルマの破損のワリには、運良く何処も怪我をしてない状態で、
ぶつかって一息入れた瞬間に見えない何かにココロから感謝しました。

まぁ、人間、ゲンキンなもので取りあえず無事だったので
事故証明をとってもらった後は、「病院へ」とも言われたのですけど
とっととタクシーを呼んでもらって、「病院へは明日行きます」と告げて
幾度も「すみません」と言ってくださるドライバーさんと営業所の所長さんの応対や、
諸々のあとのことは保険屋さんに丸投げして出社しました。

尤も、今はエエ感じで首まわりとか背中とか腕が痛いので(笑)
明日は宣言通り、病院に行ってから出社しようかと思っています。
(てか、シツコイけど、わたくし、土日休みですよね?・笑)

愛車は真横から突っ込んでこられたので助手席の周囲は歪んでいました。
わたくしのこと、守ってくれたんやね、と、機械ではありますが
とても愛しかったです。

それにしても。自分の無事がわかった上での言葉ですけど。
あのドライバーさん、大丈夫かな?
明らかに向こうの前方不注意なので、きっと、あーゆー会社のことだから、
事故ってイロイロなペナルティがあるはずですよね。
減俸とか、謹慎とか。
事故起こしたりしたら、居辛くなるとも聞いた事があるし。

……なんぞと、少しエエ人のわたくしでした(^^ゞ
まぁ、無事だったから言える言葉ですね。
怪我してたら、全然違う事考えてたと思うし。

うーん。キーボード打つのが少々ツライのでこの辺で。

「Karte:45 笑い上戸の同級生」 の感想。
うーん。感想。……感想。むむむ。
良かったです。うん。
ってコレじゃ感想を書く意味がないけど(^^ゞ
いえ、不覚にもラストはじんわりとしてしまいましたけど。
何かね、先週の余韻を引きずっているので感想が出にくいです。
いや、単に今回はセンセーとピノコの親子のようなコイビトのような夫婦のようなシーンが少なかったからかも(←結局、そこかよ!)

今回は若き日のBJの物語。前回に引き続き、センセーの回想になっていました。
笑わない生徒・間黒男くんといつも笑ってる「ゲラ」の交流物語です。友情って言ってもエエのかな?

[READ MORE...]
「Karte:44 ピノコ誕生」 の感想。
うきゃー。感想って…感想って……言えません―――っ。
ピノコ可愛いよーっ。可愛すぎるよ―――vvv
センセー優しいよ―――っ優しすぎるよ―――vvvしかも。カッコエエよ―――っ。カッコエエくせに可愛いよ―――っvvv
もうもうもう、良かった!良かったです―――っ。
この一言に集約されちゃうよ―――っ(絶叫)
……です。(ぜぇぜぇ)←興奮しすぎて息切れしてます(^^ゞ

まずは番組スタッフに乾杯♪待って待ってキリンになりそうなくらい待っていた甲斐がありました♪

今回の原作タイトルは畸形嚢腫。きけいのうしゅ。難しい漢字ですね。言葉としてもBJの原作を読んで初めて知りました。
双子が生まれるはずが1人は形にならず、その一部がもう1人の身体の中に包まれたまま生まれてきて、腫瘍というか、瘤みたいになってしまったものをそう呼ぶんだそうです。ホントの病名…なんですよね?

病気…なのかな?病気なんでしょうけど、切ない病気ですね。もしかしたら兄弟として育つことが出来たかもしれない生命を「病気」とか「瘤」とかって言葉にするわけですから。
でも、瘤を持って生まれてくるってことは、その人にとっては大変な負担なはずで、嫌なことで、考えたくないことで、例え、兄弟になる予定であった生命でも否定したい……そういったエゴがこの物語のテーマなのかも…と原作を読んだときには思いました。

[READ MORE...]
うー。
それにしても。
オカシイ…おかしいぞ…と思うのですけど。
でも、事実。
ホントーにホントーにアニメBJなくて、つまらないです(涙)

BJ覚醒前のワタクシの毎日は、当たり前だけど、もっと色々なことがあったはずなのに。
今も色々あるはずなのに。
週たった30分のアニメがないことが、こんなにつまらないなんて…。
エエ年して、ちこっと恥ずかしいけど、
でも、事実なんですねぇ///

ううう。早く来い来い10月10日、プリーズ!(←アホーや)

「Karte:35 病院ジャック」 の感想。
BJどころか原作漫画アニメ含めてこれが手塚初体験!
衝撃でした(笑)
何が衝撃って、ワタクシ、BJは何となくずーっと悪い人だと思っていたので、コレを見て「エエ人なんや!」と知ったのでした。

この感想を会社で同期達に言うと散々莫迦にされました。どうも、皆、手塚作品は学生時代に図書館で読んでいたようです(^^ゞヲイヲイ、キミたち、図書館では勉強するか本を読むかしろよ、と思いつつ、そう言えばウチの近所の図書館にもあったなぁと思い出しました(苦笑)
何でワタクシは読まなかったのだろう?と思うに、BJって漫画のイメージは「怖い」だったので手を出せなかったんですね。だって、内臓とか血とか一杯出てそうだし、人は死んじゃうし、BJさんって人も何か、こう、人間の内面を抉り取ってエゴの部分を皮肉な形で突きつけてくるような、ぞっとするようなことをしてるっぽかったし。(←この辺りは原作「化身」を読んで、そうそう、こんな感じと思いました)

ところが。このBJさんは悪い人じゃなさそうだし。それどころが、ピノコって女の子に優しそうだし。仕事もどんな状況でもやっちゃうし。(いえ、彼が天才外科医って言うのは流石に知ってたんですけどね)

[READ MORE...]

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。