岬の間家について。
岬に住んでいる天才外科医さんの感想を語らせてください♪ 原作もアニメも大好きです。
プロフィール

進司

Author:進司
ブログもBJも初心者で、ただいま、とってもドキドキです♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト
21-15「BJ父親の真実」の感想。
展開が速いというのか、すっごくギッシリだからなのか、ジェットコースターみたいな回でした(^^ゞ
少し寂しい見方をすると、終了が近いから、急いでるのかなと思ったり……しょぼーん。

嗚呼、だめだめ、せっかくのエピソードなんだから楽しまないと!そんな風に自分を叱咤しながら感想を書き留めていきたいと思います。
ちこっと長くなりそうなのですけど、ご容赦を。

[READ MORE...]
21-13「ピノコ、日本へ帰れ!」の感想。
うーうーうー。良かった。良かったんだけど、…ど、…ど。駄目―って感じのこともありました。なので。今回はちこっと辛口です(^^ゞ
良かったのは双子の話とおくたん未満の科白。
駄目―っというのは、天下の悪徳外科医BJさんの行動と科白です。
凄く好みのストーリーだったんだけどなー。普通だったら、すごーく感動したと思うんだけどなー。ココロの片方では感動したんだけどなー。だから、「良かったです!」って言いたいのに。だけど、良かったと言おうとすると、でも……という言葉が出てきてしまう。本当に複雑な気持ちです。

[READ MORE...]
「ひったくり犬」の感想。
いいvv凄くいいよー、コレ!―――そんな感じのストーリーでしたvv
ホントはこの回で岬の家の家族が集結する予定だったのですね。
アニメラルゴ、可愛くて大好きなので、岬の家の住人になった経緯を観ることが出来て嬉しいですvv

エエですねvvうん、エエ感じです。
何がエエってセンセーのヘタレ加減がvvでもってピノコのセンセーへの遠慮のなさがvvでもって、ラルゴが助かったことがvv単純にハッピーエンドで良かったーっって思えました。

この話の原作は、明らかに悲劇ですよね。冒頭のセンセーとピノコの微笑ましい遣り取りなんか忘れちゃうくらい悲劇。それも、センセーのいつもの鋭さ、感性が働かなかったのが原因なんですよね。
ホントは「普通は、そりゃ、判らないよ」ってことですけど、でも、センセーって、何でも判っちゃうような慧眼の持ち主なのに、何でラルゴのことは判らなかったの?と、思ってしまう。
挙句、センセーが強引にラルゴを家に戻したから、余計、センセーが原因に思えてしまう(笑)だから、余計後味が悪い。

センセーのためにもラルゴのためにも助かって欲しかったので、これはこれで凄く嬉しいvv何よりアニメラルゴは可愛いので、助かってレギュラー出演できてヨシ!なのですvv

ここのところ、21のテイストに慣れていたので、こーゆーハートフルなストーリーは新鮮でした。そのためか、良かったねーしか感想が出てこないです(マテ)いやいや、それじゃ駄目なので……気を取り直して……。

[READ MORE...]
21-11「黒い医者の宿命」の感想。
あらずじは、「65年後の目覚め」に引き続き省略させていただきます。

ともかく、イロイロなコトを考えてしまって、考えがまとまりません。と、いうのが本音です。感情的に何かを思うこともあったし、理性的に何かを考えることもありました……。

以前、キリコ氏という存在は森鴎外の「高瀬舟」を思い出させます、と感想に書きましたが、今回も、そうでした。
子供向けのアニメだというのに、時間帯も時間帯なのに、こんな重いテーマを曖昧なままにせず、ちゃんと挑んでくださったアニメスタッフに、まずは心からの拍手を。

でもって。感想ですよね。うん……感想。
非常に、逆説的ですけど、一番感じたのは安楽死や尊厳死ではなく、なんとも人間というのは弱くて強くて愛しいものである、ということでしょうか。
尊厳死や安楽死を通して見えた、センセーやキリコ氏の強さと弱さ、親子兄弟の絆、そういったものが、このストーリーに「死に方」以外のテーマを与えてくれたように思います。
なんだろう?もしかして、強さとか弱さって、これって生き方なのかな?うん。やっぱり逆説的ですね。

[READ MORE...]

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。